2011年03月14日

3/14(月)為替は乱高下

345位です↓      資産残高(10万円スタート)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ランキング         22.4万円

現在のポジション
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
3.14ポジション.bmp







3.14地震画像.bmp






 まったくもって本日の為替相場はボラティリティが高い。

あとでチャートを見ていただければ一目瞭然であるが、

朝のオセアニアオープン時には全面円高。しかも各通貨対円で1%以上の激しい下げ。

これはいわゆる『円転』の下げと言われている。



地震の復興や生損保の支払いには大量の日本円が必要だ。 

そのために各会社や機関が海外資産をいったん円に戻すことが必要になるため

円高になるといった具合だ。



それに加えて個人投資家のストップロスを巻き込んだゆえ

大きな円高になったといわれている。つまりは我々のような弱小投資家の

ロングポジションが強制ロスカットされ、円高に拍車をかけたということ。





わたしは幸いショートポジションを持っていたため

このような事態に巻き込まれること無く生きているが

ロングを持っていた方はロスカットされるという悔しい思いをされた方も

いるかもしれない。

たしかに、朝一の円高は急激過ぎましたね・・・。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル






と思っていたら、銀行相場の決まる10時に向けて円安が進むことに。

これもまた極端な動きであり、本日の高値を付ける通貨が続出。

安値と高値がわずか3時間の間入り乱れる形となり

ポンドやユーロはその差が2円以上あるという乱高下が起こりました。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



いくら取引が薄い時間とはいえ、このような値動きをされては敵わないな。

証拠金維持率といったリスク管理が大切であると痛感した一日でした。





わたしが保有しているスイスフランのチャートを参考までに。



3.14CHF15分足.bmp







でもって、現在はレンジの動きに。

ヨーロッパ系のユーロ・ポンド・スイスフランといったところが強く、

オセアニア系の豪ドル、ニュージーランドドルが弱い状況が続いています。



わたしも乱高下のドサクサに紛れてCHF/JPYのポジションを

20,000通貨ほど売り増ししてみました。

結構、証拠金維持率がキツくなってきましたよ。

(;゜Д゜)アブネーヨ



よって上記の通り、平均88.96円×100,000通貨のポジションとなりました。

前日述べたように思惑通りに進めば火曜日か水曜日まで下げるはず。。

今現在は88.30円付近とやばい位置をうろついていますが

もう少し様子を見てみます。

(´・ω・`)ムギュ





それにしてもヒドイ状況ですね、地震の影響は。

政府と東電の対応も後手後手で・・・。

原発の被害が大きくならないことを祈るばかりです。



気休めですが100円ばかり義援金にまわしました。

こんな程度で恩を着せられてはたまらないと思いますが

第一弾の募金ということで。

(;゜Д゜)100エンテ…





被災者の方々には早期の復興をお祈りいたします。
(゚Д゚)/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック