2011年03月11日

3/11(金)地震発生!スイスフランは?

353位です↑        保有ポジション      資産残高(10万円スタート)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ランキング     CHF/JPYショート89.10円    22.2万円





3.11地震1.bmp






(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 












3.11地震2.bmp






(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル





 本日は大地震が発生してブログどころではないのだが

これも後日見直すべく、しっかりと記録しておくことにした。





わたしの住んでいる地域は愛知県。そして名古屋市内に勤務している

しがないサラリーマンであるが、本日の地震にはびっくりした。

揺れには敏感な方なので、発生した当初は

「めまいがする。わたしも年を取ったなあ。」と呑気なことを感じていた。

(´・ω・`)



しかし周りを見回してみると様子がおかしい。

あらゆるものがブラブラ揺れているではないか。



ちょうどお客さんと話をしていた最中でもあり一緒にビビっていたのだが

しっかり安全確認しなければいけませんでしたね。

銀行勤務がゆえに建物の頑丈さは保証されているが

それでもあのなが〜〜〜い揺れには気持ち悪くなってしまいましたよ。

(;゜Д゜)



東北や首都圏は大変なことになっていますね。

亡くなられた方や負傷された方のご冥福をお祈りします。





 さて、為替の話ですが地震が起きた当初は全体的に円安にふれました。

これは当然な現象だと思いつつ自分のポジションがマイナスになったことに

イラついていましたが、時間が経つにつれて円が買われる流れに。

なかなか説明が付きませんが

「株安になるから円が買われる。」

「保険会社が円での支払いのため円を買う。」

などいろいろな思惑が交錯します。

理由はともかく円は22:45現在も買われ続けているようです。



3.11CHF15分足.bmp






今後の見通しですが、わたしはCHF/JPYショートを保有し続けます。

89.10円ショートを80,000通貨持っているため結構な利益が出ているが

円が買われるトレンドは続くと見ている。



以前からトレンドが変わるのに3日はかかるということを体感している。

今回、円に対して諸通貨の急落が始まったのが本日とした場合

下げトレンドが終焉するのは早くても来週の火曜日・水曜日あたりだと推測する。

よってまだまだ下がる見通しを持っており、ホールドさせていただくことにした。



例外として本日全戻しした場合(89円台復活)は

思惑が外れたとみなして潔く決済させてもらう。

このようなあらすじを描きながら、週末の金曜日のトレードを終わらせたい。





最後に被災された方、頑張って立ち直ってください!

(゚Д゚)/




2011年03月10日

3/10(木)順調に下げています

412位です↑        保有ポジション      資産残高(10万円スタート)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ランキング     CHF/JPYショート89.10円    17.1万円





3.10調子は良いね.bmp





 まあ、何というか順調にスイスフランは下げています。

( ´ー`)yー~~



本日は米ドルや日本円が強い展開で、ココ最近強かった

欧州通貨であるユーロやポンドが弱く、

オーストラリアドルやニュージーランドはやや弱いという状況である。



欧州通貨であるスイスフランはやや下げるという形で現在を迎えており

CHF/JPYショートを持っているわたしのポジションは

わずかに利益を出していますよ。

(*゚∀゚)=3 ハフン



3.10CHF15分足.bmp






それとは別に、トピックスとして朝方ニュージーランドが政策金利を

0.5%下げ2.5%に利下げを実施したのだが

対円で一瞬下げたものの現在は値を回復しており、

市場は織り込み済みであったことが見て取れる。

今までジリジリ下げ続けてきたNZDも悪材料出尽くしで

反転のきっかけになるのであろうか!?

(;゜Д゜)ワカンネ





最近はファンダメンタル的要素で動く傾向が強い。

リビア問題、ニュージーランドの地震、原油の高騰、政策金利の思惑など

さまざまなニュースが飛び込んできてそれらに左右される。

しっかりと情報を掴んだ上で、自身で判断をしていかなければいけませんね。





わたしの個人的な見解としてはリビア問題が収束に向かった場合、

もちろん原油価格は下がりリスク回避通貨であるスイスフランも下げて

結果、米ドルや高金利通貨に資金は流れると見ている。(当たり前か)



リビア問題が長引いたとしてもすでに相当資金が集まっている

スイスフランがさらに値を上げて、対円で90円を超える可能性は

低いと予測している。

よってCHF/JPYのショートポジションは

ローリスク・ハイリターンであると考えるため、89円台はショートするという

行動に出たわけであった。





このような能書きを垂れる間にスイスフランが復活してきました。

資産残高は上の表記から下方修正させていただきます。

17.1万円→16.2万円
( ´Д`)=з

2011年03月09日

3/9(水)スイスフランに再戦申込み

434位です↑        保有ポジション      資産残高(10万円スタート)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ランキング     CHF/JPYショート89.10円    15.2万円





3.9チャンスやって来たぜ.bmp





 まさかこんなに早くチャンスが巡ってくるとは思わなかった。

前回苦戦したスイスフランであるが、本日18:00頃から値を上げて

先週金曜日の雇用統計時につけた89.30円に肉薄する89.10円で推移している。

今日の安値から70pips上げていることになり、絶好の売り時と見たのだ。

消える炎の最後の輝きだね、これは。

(;゜Д゜)キメツケルナヨ



すかさず余力を残して50,000通貨ほど売り注文を出し約定。

CHF/JPY ショート 89.10円×50,000通貨というポジを保有することに。

利益が出てきたらさらに30,000通貨ポジションを増す予定であることも

付け加えておこう。



3.9CHF60分足.bmp






今回は頑張って2円ぐらいの値幅を狙って行きたいと思う。

まさか90円台に突入なんてありえませんよね〜。

それがありえるのが為替だったりするのだが、

ここはまあ断定的な判断をさせていただく。

皆もスイスフランの89円台はSということを合言葉にポジションを保有してほしい。

それが損失に繋がっても、無論責任は取らないが・・・。

(´・ω・`)







 話は変わり、昨日のブログ書込み終了後に1トレードスキャッてみた。

USD/JPYに勢いがあったのでロングで入ったのだが

程なく5pipsゲット!!

(*゚∀゚)=3 ハフン



80,000通貨で突入したので+4,000円の勝利。

2週間かけて2,000円ほどの利益だったが、今回は30分で4,000円の利益。

方向性が読めないときはコツコツ利益を積み上げるのも良かろう。

( ´ー`)yー~~ヨユウネ



3.9.bmp








って、調子になっていたらスイスフランがさらに値を上げて

マイナスポジションになってしまいましたよぅぅぅ。

(;´Д⊂)ウウ


2011年03月08日

3/8(火)スイスフラン終戦

443位です↓        保有ポジション      資産残高(10万円スタート)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ランキング            なし           14.9万円





3.8戻ってきたか.bmp



 

 ・・・長い、本当に長かった。

およそ2週間の戦いであったVSスイスフラン戦(ショートポジ)に

決別することができた。

雇用統計前にはロスカットラインの注文をはずし、

あわや強制ロスカットになりかけたこともあったが何とか戻って来れた。

しかも少しばかりの利益を乗せることが出来て。

( ´ー`)yー~~ 2000円ダケドネ



 正直ここまでスイスフランが強いとは思わなかった。

リビア問題があってリスク回避通貨であるフランに資金が流れたとはいえ

ここまでポジションを長期保有することになるとは予想できず・・・。

もはやデイトレではなくスイングトレードの領域に入ってしまったよ。

一応、決済の状況だけ解説しておきます。





本日の未明、といってもAM6:00過ぎにロスカットを避けるべく

20,000通貨だけ決済。

こちらは88.50→88.81のため、約6,000円のマイナス。

(´・ω・`)ムギュ



残りの60,000通貨は欧州時間が始まる付近の16時前に

スイスフランの急落があったため、欲張りたい気持ちを抑えながら

携帯からの注文で決済。

88.50→88.35で約9,000円のプラス。

(*゚∀゚)=3 ハフン



2つの決済とマイナススワップを相殺して2,620円のプラスになりましたとさ。

一時はプラス40,000円を超えていたことを考えればショボイ利益であるが

強制ロスカットされずに利益まで出せたのでヨシとしなければいけない。

でも2週間は時間の無駄だったなあ〜。

( ´Д`)=зハァー





3.8CHF15分足.bmp





 今後のトレードであるが、長引く戦いにちょいと疲労がたまったため

チミチミとデイトレで利益を出しつつ(削りつつ!?)

昨日申し上げたUSD/CHFのロングポジションのタイミングを

見計らって行きたいと思う。

今すぐにもポジりたい気持ちではあるが、休むも相場。

冷静な判断をすべく、時間をあけさせていただきます。



さあ、今日はゆっくり寝ますか。

(;゜Д゜)オツカレサン





(;´Д⊂)死闘の結果↓
3.8約定明細.bmp



2011年03月07日

3/7(月)希望は捨てない

442位です↑        保有ポジション      資産残高(10万円スタート)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ランキング    CHF/JPYショート88.50円    13.4万円





3.7希望を捨てるな.bmp



 本日は重要な指標もなく、雇用統計後のポジション取りになる日である。

追証がかかっているCHF/JPYは順調にジリ下げしており

まだまだ希望を捨てることなく注視する展開だ。



日中はユーロやポンドが強い場面があったが

ブログを書いている20:30現在はすべての通貨に対して円が強い動き。

一時の強制ロスカットを命じられる状況からは幾分改善されています。

( ´ー`)yー~~ モットサガレヤ



3.7CHF15分足.bmp






こうなるとブログネタに困ってしまうなあ、と思う自分が恨めしいが

何も損するためにブログを続けているわけでないのでご容赦願いたい。



しかしながら冒頭でも申し上げたとおり、わたしは追証がある身。

あまり残された時間も無いことも事実だ。

本日の営業時間終了時までにポジションの一部、もしくは全部を決済しなければ

強制的にポジションが解消されてしまうからだ。

ということで、ひたすらスイスフランが88.50円を下回るのを祈るばかりである。

(;゜Д゜)タノムヨ





 ちょっと時間があるので今後の展望を述べたい。

スイスフラン戦が終わった後に狙っているのが、これまたフラン絡みなのだが

USD/CHFのロングポジションである。

下のチャートを見ていただきたい。

まずは日足。

3.7USDCHF日足.bmp






続いて週足。

3.7USDCHF週足.bmp




いかがでしょうか。見事な底値圏だと思いませんか。

スイスフランが強く米ドルが弱い状況でこのようなチャートが形成される。

現在は史上最安値付近をウロついていることが読み取れます。

トレンドが変わることは容易ではないが、そろそろ米ドル安も終焉に向かうかと。

もちろん中東危機が短期的に解決することが前提になりますがね。



ということで、早くCHF/JPYを決済して次のステージに参加したいと思います。

いつになるのでしょうかね〜。

(;´Д⊂)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。